スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、結局どこで生むの?

もう主人は「子供を育てるのにエクしか考えられない!」だったんですね
U.Kで生むとただなのでU.Kで生んで
それからここに帰ってくるというオプションも考えたのは考えたんですけど
そうこうしてる間に 見つけた打開策!

それは子供をここで生んでエクアドル人にしちゃおう!
というもの。
それのメリットは、というと私たち親が居住権を申請できるということなんですね!
居住権があれば 国内での就労が認められます。
っていうことは私の心配の大きな種だった
経済的不安が 結構減らされるということ。
これは 特に主人にとってはラッキーなニュースでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

medipop

Author:medipop
イギリス人の主人との間に、10年2月末に第一子出産を予定しています。
現在南米エクアドルに滞在中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ADgger
アフィリエイト
ADgger 0929
【World-I英語翻訳】激安・スピード翻訳 医師求人・転職支援|トムスコジャパン エアコンクリーニングならクリアル~神奈川 不動産 投資 運用ならフリーダムインベストメンツ 借地権 売却なら借地買取ドットコム 外壁塗装|神奈川の塗装屋さん 住宅用太陽光発電システムの三親住設 独立開業支援なら大栗学税理士事務所 妻の浮気調査なら東京新宿のアイ・ハート そっくり人形なら株式会社サンステラ キャスキッドソン~Cath Kidston~ 漢方薬・煎じ薬.com 東京のシール印刷会社の中央マーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。